ニコニコ動画がこっそり教えてくれる総量規制の真実

突然の出費でやむなく借り入れをするのだとしても家族にばれてしまうのではないかという心配が尽きません。
家族にはなせるくらいであれば頭を下げて家族にお金を貸してもらうでしょう。
もしかすれば銀行や消費者金融からキャッシングするのだと報告すればこちらから何も言わなくても貸してくれるかもしれません。
しかし、そうはできないからキャッシングという道を選択したのでしょう。
それならば家族にはばれないうちに完済をしてしまい堂々としていたいものです。

 

キャッシングがばれるかもしれないその理由として一番に心配となるのは自宅への郵送物です。
一人暮らしであればまだしも、家族と同居していたり家庭を持っている場合には自宅への郵送物は危険極まりないものです。
まして自分が仕事をしている間に自宅に届いた郵送物、それはおそらく怪しまれるでしょう。

 

そこで大手消費者金融では郵送物の差出人はどのようになっているのかを調べてみました。

 

・アコム ACサービスセンター
・レイク 新生銀行
・プロミス 事務センター

 

このようになっています。
ACサービスセンターや事務センターが差出人となっているのはかなり怪しまれる危険性がありますが、新生銀行が差出人となっていれば口座を作ることもありますのでそれほど不信がられない可能性はあります。

 

またどんな時に郵送物があるのかも知っておくと安心でしょう。
・契約時
・契約の変更があったとき
・返済の遅延があったとき
・キャッシングカードを紛失して再発行した時

 

興信所の料金選びで失敗しないコツ
続きを読む≫ 2014/09/02 07:03:02

キャッシングでは金利がありますので元金以外の支払いと言えば利息があります。
元金は返済、利息は支払いとなります。
しかし、利息以外にもコストがかかるとなればどうでしょうか。

 

金利だけに注目していたのでは余計なコストがかかることになりかねませんので気を付ける必要があります。
それでは利息以外にかかるコストにはどんなものがあるかと言えばそれは手数料。

 

返済をするとき、キャッシングをするときにはどんな方法を選んでいますか?
この方法の選び方によっては手数料がかかっているはずです。

 

まず自社ATMが用意されている消費者金融であればそこで手数料はかかりません。
返済も自動引き落としにしているのであれば手数料はかからないでしょう。
考え方としてはその消費者金融の管理外のものには手数料がかかるということです。
例えば提携ATMやコンビニATMは手数料がかかります。
これは消費者金融に対して支払っている手数料ではなく、ほかの企業のATMを利用しているわけですから言ってみれば間借り料。
それが手数料になります。

 

毎回の利用にすべて手数料無料のものにしなくてはならないということでもありません。
基本的な使い方としては普段は手数料がかからない方法でキャッシングや返済をしましょう。
突発的なキャッシング、返済が急に余分にできる余裕ができたときなど手数料が多少かかっても利用しておきたいときはあります。
そのくらいの手数料に抑えながら利用をしていきましょう。

 

消費者金融なら総量規制がある
続きを読む≫ 2014/09/02 07:03:02

総量規制があることによって専業主婦は完全に消費者金融からキャッシングをすることができなくなりました。
いえ、これを総量規制のせいにすることはできません。
総量規制では収入の無い専業主婦でも配偶者の年収と同意を条件として貸し付け可能としていますが、現在の消費者金融では個人に安定した収入があることを条件としていますので専業主婦が借り入れできる消費者金融はありません。

 

実はこれが専業主婦が闇金に手を出してしまう最たる理由でもあると言われています。

 

闇金とはやさしいものではありません。
一昔前であれば闇金は強引な勧誘と強引な取り立てがその手法ではありました。
しかし今では違います。
ブラックokや多重債務okという宣伝文句は見たことがあるでしょう。
総量規制によって借り入れができない状況となってしまった債務者が闇金融を最後のよりどころとして探している事態です。
闇金融は必要悪としてさえ見られているところがあります。
金利が高いことは知っている、取り立ても強引になることも知っている、それでも借りる先は闇金融しかないと考えてしまう方もいるでしょう。

 

もし、ご主人からキャッシングの了承を得ることが難しい、もしくは代わりに借りてもらうことが難しいという場合には、消費者金融や闇金融ではなく銀行からの借り入れという選択肢を考えてみてください。
銀行であれば収入がなくても、世帯年収として考えて貸し付けが可能なところがあります。

 

どろあわわのアレルギーは大丈夫なの?
続きを読む≫ 2014/09/02 07:03:02

どの消費者金融でもキャッシングの返済方法の中には自動引き落としが用意されています。
自動引き落としは自分の指定した口座から毎月指定の約定返済日に返済額を引き落とすというものであり、毎回返済のたびに忙しい時間を割いてATMに走る必要もありません。
借りるときには何があってもそして利用できるATMが遠くにあろうと急ぐはずです。
しかし返すとなれば怠け心が出てしまうのは人間の悪いところ。
雨が降ったとなれば明日にしようと伸ばしてしまいますし、急な友人からのお誘いがあればそれもまた返済を明日に伸ばす立派な理由にしてしまうものです。
しかし明日に伸ばすが何日も続きせっかく約定返済日に余裕を持っていたとしても結局は約定返済日当日になって慌てふためくものです。

 

お勧めできる返済方法があります。
それは便利でうっかりわすれのない返済方法として口座引き落としを使いながら、違う返済方法も併用するというものです。

 

引き落としてでは通常最少返済額を返済していくことになります。
その消費者金融によって返済方式には違いがあるものの、一般的な返済方式となる残高スライドリボルビング方式では返済額の中で利息は大きくとられています。
これでは元金の返済がすすみませんので、最少返済額以上は返済して区ことを心がけなくてはなりません。
ATMやインターネット返済を併用しましょう。
少しでも余裕があるのであれば積極的に返済をしていきます。
それによって元金を返済していくことを考えてみましょう。

 

借入ランキング おすすめの借り入れは
続きを読む≫ 2014/09/02 07:03:02

無利息期間のある消費者金融と言えばプロミスがあります。
2013年の年末はアコムも無利息期間キャンペーンを行っています。
そしてもう一つ、消費者金融ではなくなりましたがレイクも無利息期間を用意しています。

 

キャッシングで少額を希望しているときには無利息期間は迷う必要はなくなります。
ひと月で返済ができるのであれば無利息期間を活用していくことで問題ないでしょう。
しかし大きな借り入れとなればどうでしょう。
例えば返済に半年程度ではなく1年かかるようなキャッシングです。

 

30万円の借り入れを1年で返済するとなれば元金だけを考えると月に25,000円の返済となります。
ここに利息がかかりますのでそれ以上の返済とはなりますが、最初の無利息期間適用中に大きな金額を返済できればどうでしょうか。
基本的には消費者金融では借入残高に応じて返済額の中の利息の割合が変わってきます。
借入残高が少なくなればそれだけ返済もしやすくなってくるのは言うまでもありません。

 

少額キャッシングにばかり無利息期間は注目してしまいがちではありますが、使い方によっては返済期間の長くなる借り入れでも有効に使うことができます。
消費者金融の基本は一にも二にも計画です。
この計画を立てるためには借り入れをする前から返済の計画を立てていく必要があります。
無利息期間中に返済できる金額はどのくらいでしょうか。
その金額を差し引いてからその後の返済計画を立ててみましょう。

 

レイクの審査基準は?在籍確認は?
続きを読む≫ 2014/09/02 07:03:02